建売住宅との違い

建売住宅は、プロの建築士が過ごしやすいデザインで設計されています。
生活にはさまざまな動線がありますが、その動線を意識したデザインは快適な生活を送れるようになっているので人気が高いです。
注文住宅であれば自分の好きなデザインを施す事が出来るので、理想の形を作る事が出来ます。
しかし、特に住宅に対してこだわりがないという人は、プロが設計した建売住宅で申し分ないでしょう。

建売住宅は、すでに決められたデザインで完成されている事が多いので、最初から必要なコストが定まっています。
予算が決まっている人にとっては料金が定まっていると、自分の予算と照らし合わせやすいので購入の判断がとてもしやすいです。
注文住宅は、施すデザインや素材などによって大きくコストが変動するので、最初から目安をつけるのが難しいでしょう。
その為、予算は大きめに用意しておく必要があります。
注文住宅を建てる時は専門業者に予算を伝えて、予算内に抑えながらも希望するデザインを施せるようにしましょう。
素材の料金は割安なものから割高なものまでいろいろとあるので、そういったものでコストを調整する事が出来ます。
コストを調整できるのは注文住宅のメリットとも言えるでしょう。

注文住宅のメリットにもなる、建設途中の現場の見学は、建売住宅の場合は不可能でしょう。
今の建築基準法の規定は厳しくなっているので、耐震性に対して安心する事が出来ます。
しかし、やはり実際の建築現場を見る事でさらなる安心感を得る事が出来るでしょう。
注文住宅の場合、自分が施したい耐震設備を取り付ける事も出来ます。
もしもの災害に対して強力な住宅を作る事も可能です。